2014'08.17 (Sun)

今日は何の日

艦これのアリューシャン作戦、ミッドウェー作戦で思い出したけど
俺が初めて軍艦ものに触れたのは、中学1年の時の読書感想文
「玉砕」で有名な、アッツ島の戦いのノンフィクション小説だった

何故それを選んだのかと言うと
図書室の一番隅っこにある棚で(誰も読まなそうなのを選びたかった為)
アッツ島という言葉の響きが面白かったという糞みたいな理由だった

その当時から既にボロボロの本で
今検索してみたけど出てこないくらい古い本だったのかもしれない

詳しくは覚えていないが、始まりはアッツ島の戦いの前
アッツ島沖海戦かその前の海戦か

読み始めてすぐに戦慄した

攻撃を受けた艦の描写がグロすぎる・・・

今でもそこだけははっきりと覚えているのが、
水筒の水を飲もうとしたら、爆散した乗組員の肉片が入ってたというくだり

小説なので絵は無いが
文章の描写だけでも吐きそうになる程
グロ耐性皆無な中学1年生の僕には刺激が強すぎた
そして面白い響きという理由だけでこの本を手に取ったことを後悔した


さて、そこで気になったのが
あのグロいことになってしまった艦はどれだったのか

今調べてみるとアッツ島沖海戦は大した被害を受けてない
可能性があるのが「那智」小破で戦死者11名

でも最後は沈没したような気がするんだよな
乗組員が中に残されたまま断末魔の叫びが…
というくだりも衝撃的で記憶に残っている

そうなるとその前のアッツ島、キスカ島で沈んだのが
「子日」と「霰」どちらも100人以上戦死している
あの壮絶な描写からするとこのどちらかかな

よって、この2隻は艦これで使いません!
怖いから

もちろん他の沈んだ艦も同じ様な惨状になっていたんだろうけど
ダイレクトにあのエグい描写が蘇ってくるは いやーキツイっす

NNH


ちなみにその本はちゃんと最後まで読んで感想文は出した
海戦は導入部分のおまけで、アッツ島の陸戦~バンザイ突撃がメインだったはず

その後、中2中3の読書感想文では
物凄くソフトタッチでファンタジーな本を選んだのは言うまでもない
【タグ】 艦これ  
2014/08/17 20:09  |  未分類  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://berryzmomokoubou.blog79.fc2.com/tb.php/2493-87dd2f16

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |