2013'08.18 (Sun)

セール乞食

ついに「Dead Space3」買ったぞおおおお
最近発売されたばかりだから俺がやるのは数年後かと思っていたけど
早くもセールが来た
評判が悪かったからかな?

ついでに一緒に買ったやつ色々

オリジン0000


あと映ってないけど「Medal of Honor」「Crysis2」
その前にsteamのサマーセールで「JustCause2」
更にその前になんかのセールで「The Last Remnant」も買った


でも全部動作確認の為に先っちょだけいじって終わり
じっくりやる暇がない

PSO2が日替わりレアアップ&予告緊急のスケジュールぎっしり詰めて拘束しやがるんだよ
PSO2を起動するとクソnProも起動して再起動するまでPCがおかしくなるので
他のゲームと交互に起動するということが出来ない

だからスマホや携帯機ゲームは便利なんだな

それにしてもこれらのPCゲーム、どれも何百円とかクソみたいな値段
毎回思うけど本当に普通にパッケージのゲーム買うのが馬鹿馬鹿しくなってくる
さすがにスカイリムみたいな人気作はすぐには何百円にはならないけど
ちょっと待つだけでビックリするような安さになる

欠点は洋ゲーばっかりで日本のゲームは取り扱われていない点か

家庭用ゲーム、というか日本のゲーム市場はどこかおかしい

最近呆れたのはテラリアっていう有名なPCゲームがPS3で出たんだけど
定価4000円するんだよ

俺が昔steamで買った時は確か2ドル(定価10ドル)くらいだったのに
追加要素があるとは言え、何故家庭用に移植された途端にこんな値段になるのか

クソみたな利権が幅を利かしてるのか
あるいは足元見られてるとか思ってしまうなあ

steamのセールでも一部のゲームで
日本だけは購入出来ない、日本だけは高額という、いわゆる「おま国」という現象がある
セガとかスクエニが日本でローカライズしてるゲームに多いな
詳しくは「おま国」でググってみてもらいたい


ゲームだけじゃない
アニメのブルーレイディスクなんかもそうだな
北米版だと全話、13話入り等で5000円のものが
日本だとたったの1話2話入りで同じ値段かそれ以上する

国が違えば市場の規模、物価も違う
それは当然なんだけど

この差はさすがに酷い

日本の場合ヲタが喜びそうな特典が色々付いてるから多少ね?ってことなんだけど
TVシリーズ全話集めた時の総額で見ると多少どころの騒ぎではない

ブルーレイというものが金のあるヲタだけが買うコレクターズアイテムと化してしまっている
安く手広くやるよりコアなヲタ向けだけに売る方がメーカー側としては儲かるってことなんかね
制作側が儲からないとアニメは作れないので儲かるならそれでいいんだけど

僕は金のないヲタなのでスクフェスのURカード付きのラブライブのBDとか欲しいけど買えません(絶命)

値段もそうだけど俺としてはブルーレイの規格が発表された時に
DVDより遥かに大容量というのを聞いて
やっとディスクをチェンジする手間が減るのか!と思ったのに
現実は1、2話ずつで何も変わっていないことに最もがっかりした
その点でも北米版の全話入り(2、3枚組)というのとで大きな差がある

その代わり画質が落ちてるらしいけど
俺が見せてもらったのは全然余裕で綺麗だったけどなあ
古いアニメのフルメタル・パニックだから参考にならないかもしれないけど

でも最近はこの北米版ブルーレイアニメがアマゾンで買えるってことが知られてきたので
日本語音声を入れないとか、リージョンロックかけて日本の機器じゃ再生出来ないようにするようになって来てるらしい

そういうの見るとなんだかなぁって思ってしまう

これら「おま国」は
企業側からすると、自分の利益、権利を守る為の当然の行為なんだけど
よそでは遥かに安い値段で流通してるっていう事実を知りたくなかったな
知らなきゃこの値段が普通なんだなって納得するしかないから

お前らはこの値段でも買うだろ?みたいな
足元見られてる感、ナメられてる感が気に食わない

と、つい乞食根性に火が付いてしまったけどそのことは忘れて
Dead Space3楽しんでやりましょうかね
初回プレイはこえーんだよなあ
【タグ】 DEADSPACE  
2013/08/18 05:13  |  ゲームの話  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://berryzmomokoubou.blog79.fc2.com/tb.php/2258-84f41eef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |